名栗の獅子舞 Byアリコ

先週末8月24日(土)と25日(日)に下名栗諏訪神社で獅子舞がありました。

よく目にする、二人組の獅子舞ではなく、名栗の獅子舞は一人が一頭(1匹?)を演じます。

獅子の腰には小太鼓がついていて、それを叩きながら舞います。

20130824_180541.jpg

1日朝から夕方まで、1時間ごとに流れていく物語。

私が見たのは1日の最後のクライマックス「白刃の舞」でした。

20130824_172911.jpg

真剣を持った2人の太刀遣いと2頭の獅子が息を揃えた舞いを披露します。

見どころは、獅子の頭についている鳥の羽根を太刀遣いが剣で切るシーン!
動く獅子の羽根を切るのは簡単じゃない。
うまく切れると観客席から歓声があがります。

20130824_173013.jpg

夕方の神社、笛とささらの音、獅子の太鼓に太刀遣いのかけごえ、ヒグラシの鳴声・・・。

とってもシンプルだけど、とってもかっこいい!

江戸時代から伝わる伝統が、こうして残っていくのは本当にうれしいですね。
日本って素敵な国だな~と再確認した夏の終わりでした☆

諏訪部アリコ

2013年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アイテム

  • a2.jpg
  • a1.jpg
  • 20130824_173013.jpg
  • 20130824_172911.jpg
  • 20130824_180541.jpg
  • R0011333.JPG
  • R0011330.JPG
  • IMGP8742.JPG
  • DSCF6701.jpg
  • DSCF6700.jpg