『小学生デイキャンプ~縄文タイムスリップ体験~』

9月20日(日)・21日(月祝)に「小学生デイキャンプ~縄文タイムスリップ体験~」

を実施しました!

事業の様子をブログでご紹介します!

【オープニング・自己紹介】

初めてのお友だちとの出会い。

ドキドキしますね。みんな緊張しています。

「じゃんけん遊び」で緊張した心をほぐします。

 

 

じゃんけん遊びで心をほぐした後は、班ごとに分かれて自己紹介をしました。 

 

【縄文風料理作り①】

縄文時代に食べられていたとされる食材を使って「縄文風料理」を作ります。

作るのは「縄文風ホイル焼き」と「古代米ご飯」。

縄文時代は、「縄文土器で煮込む」という調理方法以外に、「葉っぱでくるんで蒸し焼きにする」という

調理方法があったそうです。

今回は葉っぱではなく、未来の世界か取り寄せたアルミホイルを使い、縄文風ホイル焼きを作ります。

  

 

塩と魚醤(ナンプラー)で具材を味付けし、ホイルでくるみます。

くるんで蒸し焼きにすることで、食材のうまみを閉じ込め美味しく仕上がります。

 

古代米も研いで水につけておきます。

 

【弓切り火おこし】

食材の仕込みは完了。後は火を起こすだけです。

縄文タイムスリップ体験では、「弓切り式火おこし器」を使って火をおこしました。

弓切り式火おこしとは、ヒキリギネ(木の棒)を、弓を使って回転させて火をおこします。

 

火おこしチャレンジスタート!

みんな一生懸命ヒキリギネを回転させ続けていました。

  

しばらくすると火種が出てきました!!

火種を麻ひもでくるみ、息を吹きかけて火をおこします。

とうとう火が!!!